常盤直也公認会計士税理士事務所 ~福岡で税理士事務所・会計事務所・公認会計士をお探しの方へ~
〒811-2205 福岡県粕屋郡志免町別府120-18 西ビル2F(公文教室の奥)
092-405-3011(受付 平日9:30~17:00)
プロフィール 経営の勘所 サービス案内 セミナー・教材 よくあるご質問 常盤のひとりごと
Home  >  経営の勘所 > 売上高10億円の壁
売上高10億円の壁
10億円の壁

私はこれまで、公認会計士としてたくさんの公開準備企業を見てきました。もちろん規模は様々です。ただ、みな同じく引っかかるところがあります。それが、いわゆる「売上高の1-3-5の壁」というものです。

最初にくるのは、1億円-3億円-5億円の壁。ただしこれは、まだ比較的越えやすいといえます。なぜなら、経営者一人でもなんとかなるからです。集客の方法を変えてみよう。価格を上下させてみよう。まだこの規模なら、経営者一人で全体を把握できるので、適切な打ち手が繰り出せるのです。

そして次にくるのが、10億円の壁。これは、越えることが容易ではありません。なぜなら、”内部管理”という要素が入ってくるからです。よく言われることですが、この規模になると、経営者一人では全体を把握しきれなくなります。その結果として、打ち手が必ずしも適切ではなくなってしまいます。

これに対応するためには、どうすればいいのか?

私の考える答えが、「月次決算」です。通常は1年、12ヶ月に1回だけ行う決算を、毎月行う。しかも、翌月中に。つまり、会社の業績を、スピーディに、客観的に見ることができます。

前月の業績はこんなに悪かったですよ、と実際の数字を突きつけられたとしたら、何も手を打たずに放っておけますでしょうか?ほとんどの方は、今月こそは、と何らかのアクションをおこすのではないでしょうか。当事務所は、そのためのトリガーとなりたいと考えています。

お問合せされる方はこちら
お問合せされる決断がつかない方はこちら