常盤直也公認会計士税理士事務所 ~福岡で税理士事務所・会計事務所・公認会計士をお探しの方へ~
〒811-2205 福岡県粕屋郡志免町別府120-18 西ビル2F(公文教室の奥)
092-405-3011(受付 平日9:30~17:00)
プロフィール 経営の勘所 サービス案内 セミナー・教材 よくあるご質問 常盤のひとりごと
Home  >  経営の勘所 > 「貸し渋り」の正体みたり!(通信No.9 )
「貸し渋り」の正体みたり!(通信No.9 )

常盤事務所通信 No.9

「うまく融資を受けるコツ」は、突き詰めると一つだけ。
最近は、「うまく融資を受ける方法」などの本がはやっています。
貸し渋りという世の中の背景からして、出版社も出しやすいのでしょう。

こういった本には、たくさんのヒントが載っています。
ぜひ一冊は購入されて、読んでみられることをおすすめします。

そして実は、それらのヒントも、突き詰めると一つになります。それは何か。
答えは、「返済できるということを、いかに信じてもらうか」ということ。ただそれだけです。
事業計画書も、まさにこのために作成するということになります。

金融機関は、お金を貸すのが仕事です。基本的には貸したいのです。だから私は、「貸し渋り」などはあり得ないと考えています。ただ単に、「返ってきそうにないから、恐くて貸せない」だけなのです。

普通の商売で考えてみてください。年商1億8,600万円の会社から、5,000万円の注文がありました。
こちらの原価は4,650万円ほど。粗利で7%。もちろん、商品はすぐに納入です。

ところが、売掛金の支払いは、60ヶ月の分割払いで行いたいとのこと。
さて、皆様はこの注文を受けますでしょうか?

・・・私だったら、即座にお断わりします。
これを「売り渋りだ!」などと言われても、怒る気にすらならないでしょう。

しかし、年商1億8,600万円の会社に、年商の3ヶ月分の運転資金を、年利3%、期間5年間で貸す。
よくある話ですが、それは、まさにこの注文を受けるのと同じことなのです。

利益は、5年でわずか350万円。しかも、その利益は、最後まで完璧に支払ってもらってのもの。
4年目まで順調に支払ってもらっても、5年目に取りっぱぐれれば、500万円を超える赤字です。

いかがですか?相当に「返してもらえる」確信がないと、貸せないと思いませんか?
監査していると、「頑張って貸しているな~」と感じることが多かったのが事実。
事業計画書を作る際には、ぜひこのことを頭に入れておいて頂きたいと思います。

 

常盤のひとりごと
先日、FAXにてご案内いたしました「あなたの会社に“必ず”お金を残すセミナー」ですが、予想以上に速いペースでお申込み頂いております。本当にありがとうございます。
私は、上場会社から個人事業まで、200社近い会社の財務をじっくりと見てきました。そこで得たノウハウを、あなたにお伝えします。さらに完全返金保証で、あなたにはまったくリスクがありません。
残席わずかに5席です。受講をお考え頂いている方はお早めにどうぞ。

→当セミナーは、ご好評を頂けました。
ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。
お問合せされる方はこちら
お問合せされる決断がつかない方はこちら