常盤直也公認会計士税理士事務所 ~福岡で税理士事務所・会計事務所・公認会計士をお探しの方へ~
〒811-2205 福岡県粕屋郡志免町別府120-18 西ビル2F(公文教室の奥)
092-405-3011(受付 平日9:30~17:00)
プロフィール 経営の勘所 サービス案内 セミナー・教材 よくあるご質問 常盤のひとりごと
Home  >  経営の勘所 > 経費削減の王道3(通信No.20)
経費削減の王道3(通信No.20)

常盤事務所通信 No. 20

さて、前回は、請求書や領収書から試算表への流れをご説明しました。

今回から、経費削減のための試算表の見方をご説明します。
うまくやるためには、俗に言われる、「2対8の法則」を利用します。

その効果は…?

経費削減において、よくありがちなのが、「お昼休みには電気を消す」というたぐいのもの。
実はこれ、ほとんどの場合、効果のすくなーい行動になってしまいます。

なぜなら、「2対8の法則」をうまく利用していないから。
「2対8の法則」というのは、「重要な2割の要因が、結果の8割をもたらす」という法則です。

もっとカンタンに言うと、例えば、売上高の8割は、上位2割の得意先への売上である。
また、経費の8割は、上位2割の科目(仕入や、人件費など)で生じている、ということです。

実際にそうなっているか、ぜひ以下のように調べてみてください。
まずは試算表のうち、「経費」や「原価」といわれる部分を見ていきます。

具体的には、「損益計算書」の「売上原価」「販売費および一般管理費」の部分です。
製造業の場合には、これに「製造原価報告書」のすべてが加わります。

これらの場所にのっている、科目とその金額を、大きい順に並べます。
科目が全部で25個あったとすると、そのうちの上位2割、すなわち上位5科目の合計が、
全部の経費と原価を足したものの8割程度になっているはず。

若干のずれは当然ありますが、こういった関係はよく見受けられるのです。
これを、「2対8の法則」といい、この上位2割の科目を削減の対象にすれば効果が出やすいのです。

そして、ほとんどの会社では、電気代が上位2割に入ることはまずありません。
ここを多少削減したところで、効果は知れたもの、というわけです。

(つづく)

 

勉強会のお誘い

3年後をみすえた、本物の経営者のための勉強会。前回のトピックは以下のとおり。
● 売上と利益、いま大切なのはどっち?
● 新規事業の成功と失敗をわける行動って、明らかなんですが・・・。
● よい受注とわるい受注。皆さん、ほとんど間違って考えます。
雰囲気は、かるく、ゆる~く、ふらふらっとやってます。ご参加、お待ちしております!
【日時】2012年 3月 21日(水) 18:00~19:15 多少延長する可能性があります。
【場所】シーメイト 第5会議室  〒811-2202 福岡県糟屋郡志免町大字志免451番地1
【参加費】無料(特に受付もしません。自由に出入りしてください)

毎月一度の開催です。今後の予定はこちらへ。

 

お問合せされる方はこちら
お問合せされる決断がつかない方はこちら