常盤直也公認会計士税理士事務所 ~福岡で税理士事務所・会計事務所・公認会計士をお探しの方へ~
〒811-2205 福岡県粕屋郡志免町別府120-18 西ビル2F(公文教室の奥)
092-405-3011(受付 平日9:30~17:00)
プロフィール 経営の勘所 サービス案内 セミナー・教材 よくあるご質問 常盤のひとりごと
Home  >  経営の勘所 > 経費削減の王道(通信No.18)
経費削減の王道(通信No.18)

常盤事務所通信 No.18

さて、ではやっていきましょう。
経費削減の第一歩。それは請求書・領収書のチェックです。

企業の支出は、必ず何らかの物やサービスに対して行われています。
そして、その証拠として、必ず請求書や領収書があります。

つまり、請求書や領収書は、「原取引」の宝庫、いわば「現場」なのです。
私の知る、ある優秀な社長は、売上高50億円超の規模があるのに、請求書全てに目を通しています。

こんな社長であれば、現場感覚を失うことはないでしょう。
社長が正しい現場感覚を持っていれば、無駄な経費はほぼ出ません。

とはいえ、請求書をじっくり見るなんて、これまで一度もしたことがない場合。
どさっと請求書の束を渡されて、その量に圧倒されると思います。

そんなときには、まず請求書を、取引先別・月次順に整理してください。
直近一年分について、部下に頼むのではなく、自分でやってください。

というのは、この整理のために手を動かすという作業で、頭が回転し出すからです。
請求書を見ることに、ある程度慣れてきたら、人に整理を頼んでもOKです。

そして、その直近一年分を眺めると、次のようなことがわかるはずです。

◆ 新しく取引を開始した相手先
◆ ある相手先との、取引量の変化
◆ ある相手先との、取引内容の変化
◆ ある相手先からの、請求単価の変化

このようにチェックしていくと、現場の具体的な動きがイメージできるようになります。

また、明細に一式としか書かれていない場合には、担当者を呼んで内容をチェックしましょう。
意外な水増しや不正などが明らかになることもあります。
これまで経費に無頓着だった方は、なにはともあれ、この作業をやってみてください。

(つづく)

 

常盤のひとりごと
今回は、またまた当たり前のことを書いてしまった。
経営を真剣に考えている方なら、「はぁ?何をわかりきったことを!」という話であろう。
しかし、こういった地道な作業を軽視する中小企業がたいへん多いのも事実。
当たり前のことを当たり前にできない。そして、自分の知らないどこかに何かうまい手があるのではないかと考え、甘い言葉に乗せられて、さらに無駄な支出をする会社がいかに多いことか。
・・・7割超の会社が赤字というのも、納得できる話である。
お問合せされる方はこちら
お問合せされる決断がつかない方はこちら